2010.11.03 Wednesday | カルスか根頭ガンシュ病か?
 
 もう11月ですね。
 ちょっと早いかなあと思いつつ、コガネムシのこともあるので、少しずつバラの植え替えを始めることにしました。
 あれから三つ、キャラメル・アンティーク、ベビー・ロマンティカ、スピリット・オブ・フリーダムの根っこがやられておりました、なんてこったい。
 いずれも8号に入れ替えて休息してもらってますが、ああ、痛い……。。
 ベビーロマンティカは去年挿し木したのがゆっくりとではありますが育っているのでいいとして。
 他のも…と思ったんですが、うー、スペースの問題もあるので…。
 枯れちゃったら悲しいですが。。
 
 ところで、コガネムシ以外にも、気にかかることがありました。ガンシュになっているのかな?と思わせるのがいくつかありまして。
 しかし、カルスっていうのもありますよね。今年で2年目なんですが、今いち素人には区別がつかない。シュートも出てるし花も咲くので、たぶん、恐らく大丈夫と思っていたんですが、やっぱり落ち着かないので京成バラ園の方に写真を見てもらうことにしました。
 

 

スピリッド・オブ・フリーダム

 前述のコガネムシにやられたスピリット・オブ・フリーダムです。
 2009年の4月に楽天のお店で購入したもの。その時からこんな感じで、枝ぶりもすごく立派だったんですが、次第に心配になってきちゃいまして。
 で、バラ園の方が言うには、これはカルスだそうです。
 にこやかに、きっぱりおっしゃったので間違いないかと(笑)。
 感触も木らしく、硬いです。
 とりあえず、ほっとしました。


アンティークレース

 2008年11月に楽天のお店で購入した、アンティーク・レースです。
 こちらは微妙と言われてしまいました。つまり、その可能性もあるということですね。
 うーん。
 形はまだ丸くなってないんですけれどね。
 
 切り口などから感染する恐れはあるので、剪定ばさみの消毒に気をつける必要があります。(←「すぺてのバラを咲かせたい」村田晴夫・講談社)
 対策としては、木酢液の原液を刷毛でぬるか、スポイトで垂らすか、ということだったので、そうして様子を見ようと思います。
  
 しかし、コガネムシにやられたのとよく状態が似ていて、葉を落とし気味な感じのバラを抜いてみたのですが、空振りが続いたりして。
 ローブリッターはずっと夏以降葉が少ないので、てっきりと思ったら下の地面にまで根を生やしていて、抜くのに非常に苦労しました。元気なのは嬉しいんですが、やっぱり素人にはよくわからんです。
 ていうか、あれは根づまりを起こしてたのかいなorz

 それはそれとして、来年からはコガネムシ対策として不織布で覆ってみようかな。
 

 

新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0)


Comments
POST A COMMENT









Trackback URL
http://blog.dreaming-of.com/trackback/952410
Trackback
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
TOP