2009.07.23 Thursday | ハダニにはシャワーを
 
 
 シャンテ・ロゼ・ミサトの二番花です♪
 いくつかぽんぽんと咲いてくれているものの、なかなか暑さのせいで美花とはいかないのですが、その中でもきれいなお花でした。
 ちょっと暑さが落ち着いたせいでしょうか。
 
 秋まで今後はつぼみは取ってしまう予定なので、これが一応最後のお花になりそう。。
 
 しかし、ミサトさん、とても元気です。
 梅雨の雨ざらしになってて(一応予防はしてますが)黒点病らしき葉もありますが、黄変することなく、元気にわさわさしています。
 シュートは一気に1mぐらいは伸びてるし。
 強健ってこういうことなんですねえ。。
 うち一番の元気なバラかも。


 ↑5月頃のミサトさん。


 ところで、旅行から帰ると、ベランダのバラたちのいくつかがハダニまみれになって思わず奇声をあげてしまいました。
 喜ぶべきか、クモの巣がはってて、そこに何百という(多分)ハダニがうごめいていたりして。
 うーん、やっぱり何度も見たい風景ではないですね。
 その巣の主が見えなくて、食べてる様子も見えなくて、我慢しきれなくなって結局ハダニホイホイとして利用させてもらいました(つまりそのままカットしてゴミ箱行きです)。
 蜘蛛さん、ごめんなさい。

 その他、マダム・ピエール・オジェにカマキリがいたりして…、結構益虫さんがたはきてくれているようなんだけど、でもいまいちハダニ減らないのですよね。
 
 
 やっぱり人間の手が一番かも。
 て、ことで、葉っぱの裏側から丹念に水シャワーをしました。
 そのあと薬まいて、今だいぶ落ち着いているようです。
 …が。
 水シャワーのタイミングを少し間違えたかもしれません。
 このところ気温が低いので、今度はべと病らしき症状を見せているのがいくつか。。
 うむむ。
 なかなか初級者は勉強すべきことが多いようです。
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 07:16 | comments(2) | trackbacks(0)


Comments
世良さん、こんばんは
「ミサト」と言う名前に妙に親しみを感じたぽたんこです
梅雨も明け、だいぶ暑いこのごろですが、暑くてもお花が付くのですね〜。暑さと虫(病気)に負けずがんばれ〜
ウチのカクテルはなんとなくスプレーをまいてみたりの加減なお世話で、きっと世良さま家に行きたいっ!とひそかに思っているかもしれません。
 やっぱり、世話いらずゼラニウムとかは楽だな〜♪
ぽたんこ / 2009/07/27 12:38 AM
おはようございます、コメントありがとうございます♪
ミサトさんはデルバールというフランスの会社が作った品種で、これにかぎらず、デルバールのバラは暑さに強いそうですよ。

手間がかからない、うん、それはいいですよねー。
夏のこの時期なんて水やりは毎日ですし。。
でもバラは手間をかければかけるほど応えてくれるんですって♪
管理人 / 2009/07/27 8:44 AM
POST A COMMENT









Trackback URL
http://blog.dreaming-of.com/trackback/916548
Trackback
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
TOP