2011.05.03 Tuesday | 今シーズン最初の開花


 昨シーズンの大苗で購入した「みやこ」。
他のバラがつぼみをあげてても、まだ開花するまでには至らない中、早々に咲いてくれましたw

イメージはもうちょっと薄いピンク、と思っていたので、意外に結構濃いめ。
樹高60センチですっきりコンパクトな割には大きめなお花なんですよね。
かわいいですw。
ああ、バラ好きはやめられそうにないなあ。
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0)


2010.11.03 Wednesday | カルスか根頭ガンシュ病か?
 
 もう11月ですね。
 ちょっと早いかなあと思いつつ、コガネムシのこともあるので、少しずつバラの植え替えを始めることにしました。
 あれから三つ、キャラメル・アンティーク、ベビー・ロマンティカ、スピリット・オブ・フリーダムの根っこがやられておりました、なんてこったい。
 いずれも8号に入れ替えて休息してもらってますが、ああ、痛い……。。
 ベビーロマンティカは去年挿し木したのがゆっくりとではありますが育っているのでいいとして。
 他のも…と思ったんですが、うー、スペースの問題もあるので…。
 枯れちゃったら悲しいですが。。
 
 ところで、コガネムシ以外にも、気にかかることがありました。ガンシュになっているのかな?と思わせるのがいくつかありまして。
 しかし、カルスっていうのもありますよね。今年で2年目なんですが、今いち素人には区別がつかない。シュートも出てるし花も咲くので、たぶん、恐らく大丈夫と思っていたんですが、やっぱり落ち着かないので京成バラ園の方に写真を見てもらうことにしました。
 
続きを読む >>
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0)


2010.10.31 Sunday | 台風のあとに

 
 昨日は居住区近辺は風が強く、それに加えて私自身少し油断していたこともありまして、いくつか今朝になって薔薇の鉢が倒れているの見る羽目になりました。
 うーん。枝が折れたりはしてなかったので、とりあえず良かったのですけれども。
 その余波で見つけてしまったことが別にありました。 

 コガネムシの幼虫。

 ついに登場したか。

続きを読む >>
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0)


2009.11.07 Saturday | セプタード・アイル
拍手を設置してからというもの、たくさんのぱちぽちをいただいています。

このように半放置サイトですのに、ありがとうございます。

だんだんオリジナルへの気力もわいてきましたので、もう少々お待ち下さいませ(拝礼)。



せめてものとお礼というほどでもありませんが、セプタードアイルが咲きましたw。

セプタードアイル 2009秋

もうちょっと咲き進むと、中のしべが見えてきます♪

でもこのディープカップの抱え咲きは大好き…w

ぽつぽつとつぼみがあがっているので、今後も数少なくても咲いてくれるようです。
ああよかった。。
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0)


2009.11.02 Monday | 今年の秋は…
 強風やら天候異変やらのせいでしょうか。

 バラがちっとも咲いてくれません。
 イングリッシュローズの大半がだんまりを決め込んでいます。
 デルバールローズのミサトもそうですね。
 
 うーん。
 も少ししたら、咲いてくれるかしら。。

 そんな中、春に新苗を買ったフレグランス・オブ・フレグランシズが開花しました。


フレグランス・オブ・フラグレンシズ

 私がバラを育てるきっかけを作ってくれた、有島薫さん(ネットの中で超有名人w)にささげられたバラ。
 …カタログの写真と比べると少しピンクが強い感じ。
 もうちょっとシルバーがかったピンクになる予定なのよね。

 でも花びらのひらひら度は負けていません。

 わーい。

 で、香りが素晴らしいのです。
 なんでも「シルクのベールで覆ったようなフローラル・フルーティーの芳香」。

 私の実感はというと。
 甘くさわやか。
  
 …あはは、すみません。

 香りの表現には慣れていないものですから。
 でも吸い込んでいると幸せな気分に浸れます。

新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0)


2009.09.17 Thursday | ロマンティックレース
 もうそろそろスペースが足らないので新しいバラは、と思っていたのですが、夏に二鉢来てさらに今日に一種類来て、順調に増えてますw。
 …いやいや。
 本当にここのあたりでストップしなければ。
 バラのジャングルになってしまう。。


 

 ロマンティックレースです。
 今日、京成バラ園の通販で届きました♪
 少し小ぶりといえばそうかもですが、枝ぶりがよい鉢バラでした。

 去年買ったアンティークレースの枝変わりで、新しい品種なんだそうです。
 オランダ開発のバラだそうで。
 ピンク色で、たぶん秋にはもうちょっと深いピンクになるかなと期待しています。

 今は夏の花だから、どのバラも品種本来のお花は咲きにくいんですよね。




 こちらが今年の春のアンティークレース。
 あまりうちの環境はバラによって最適、というわけでもないのですが、元気でほとんど病気知らずです。
 ハダニにもうどんこ病にもならないので、初心者は助かってます。

 
 さて、がんばってお世話しよっと。

 
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0)


2009.09.15 Tuesday | そろそろバラシーズンです
 謎の葉やけを起こしたベビーロマンティカは、その後再び葉っぱわさわさになってきて元気にはなってきています。
 あれから病気っぽい葉は捨て、ほかの葉も同じようになるか、とりあえず観察中なのですが。。
 
 バラの病気と害虫(著:長井雄治)という本を読んでみました。
 葉のふちが茶色のをのぞけば、モザイク病が近いかも。。
 英語でモザイクとひっかけて画像検索すると、何だかみょーに似ているような気がして戦々恐々としています。
 
 長井さんによりますと、
「花に著しい異常は見られないようであるが、正常株に比べると花茎は細く、葉もやや小型で、全体的に生育はおとり、活力が足りない」
 んだそうです。

 品種の差があるとはいえ、確かに他のバラに比べると葉も花も小さいので、ちょっとぎくっとしましました。
 でも、まだ若い株だし、飼い主、いやいや、私のバラの生育者としての腕は未熟ですしねえ。。
 
 いずれにせよ、ウィルス性の病気のようですが、治療方法がないんだそうで。
 とりあえず、剪定ばさみを使ったあとは念入りに消毒することにしよう。。







 夏の終わりのバラ。
 キャラメル・アンティークです。

 涼しくなってきたので、咲いてみてもらおうかと残しておいた蕾が開花しました。
 花びらの数も多くなって、だんだんらしくなりましたね。
 秋のシーズンには、また違う色になるかな。
 楽しみです。




新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0)


2009.08.20 Thursday | 謎の葉やけ
 現在、少し病気っぽい葉を抱えている品種が3つ、4つあります。
 今のところ、一応元気にはしてくれているのですが、病気なのか、肥料過剰だったのか薬害なのかが判断できないでいます。

ベビーロマンティカ

 ↑ベビーロマンティカ。

 7月の頭、ハダニ祭りになってしまって、ほとんどの葉をむしり、ハダニの被害があったものの、あえて残しておいた葉が気づくとこのようになってしまいました。

 みんなどれも蕾をつけてはくれてて、ピンチの繰り返しではあるんですけどね。

 思い当たる原因 。厳遒11日〜13日にかけて突然留守の状態になってしまったので、水切れになってこのように葉に異変が起きた。

 ⊃瑤月前、希釈を濃いのに気付かず散布してしまった薬の影響が今になって出てきた。

 L堯△發靴はニームオイルを日の照ってる時にかけて、葉を焦がしてしまった。
 つまり単なる日焼け。
 
 い修Δいι袖ぁ(褐斑病か?)

 …い世韻任△辰討曚靴ないのですが、いま一つ確信が持てません。
 
 買ったお店に画像を添付して聞いてみるしかないと思うのだけど、でもわたしが思い当たるのが多すぎて。。。
 たはは。

 参った。

 
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0)


2009.07.23 Thursday | ハダニにはシャワーを
 
 
 シャンテ・ロゼ・ミサトの二番花です♪
 いくつかぽんぽんと咲いてくれているものの、なかなか暑さのせいで美花とはいかないのですが、その中でもきれいなお花でした。
 ちょっと暑さが落ち着いたせいでしょうか。
 
 秋まで今後はつぼみは取ってしまう予定なので、これが一応最後のお花になりそう。。
 
 しかし、ミサトさん、とても元気です。
 梅雨の雨ざらしになってて(一応予防はしてますが)黒点病らしき葉もありますが、黄変することなく、元気にわさわさしています。
 シュートは一気に1mぐらいは伸びてるし。
 強健ってこういうことなんですねえ。。
 うち一番の元気なバラかも。


 ↑5月頃のミサトさん。


 ところで、旅行から帰ると、ベランダのバラたちのいくつかがハダニまみれになって思わず奇声をあげてしまいました。
 喜ぶべきか、クモの巣がはってて、そこに何百という(多分)ハダニがうごめいていたりして。
 うーん、やっぱり何度も見たい風景ではないですね。
 その巣の主が見えなくて、食べてる様子も見えなくて、我慢しきれなくなって結局ハダニホイホイとして利用させてもらいました(つまりそのままカットしてゴミ箱行きです)。
 蜘蛛さん、ごめんなさい。

 その他、マダム・ピエール・オジェにカマキリがいたりして…、結構益虫さんがたはきてくれているようなんだけど、でもいまいちハダニ減らないのですよね。
 
 
 やっぱり人間の手が一番かも。
 て、ことで、葉っぱの裏側から丹念に水シャワーをしました。
 そのあと薬まいて、今だいぶ落ち着いているようです。
 …が。
 水シャワーのタイミングを少し間違えたかもしれません。
 このところ気温が低いので、今度はべと病らしき症状を見せているのがいくつか。。
 うむむ。
 なかなか初級者は勉強すべきことが多いようです。
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 07:16 | comments(2) | trackbacks(0)


2009.06.28 Sunday | バラとキノコ
 …毎日曇りと雨が続くのは、あまりいい気分ではないですね。
 梅雨なんだから仕方ないんだけど。
 雨はともかく、湿気がいやんです。
 
 来月の頭から旅行に出かけるので、バラの鉢に給水機を取り付けました。
 現在試運転中なんですが、やはり手でやるのと比べ、水量の調節がむずかしめです。
 あまり加湿にしすぎると根が腐ってしまっていけないので、渇き気味にしているのですが、それが悪かったりしたのでしょうか。。

 マチルダの二番花が咲いたので喜んでいた時、ふと根元に視線を向けたら…。



 へ? キノコ?
 
 ついつい、目が点になってしまいました。
 しかも二本生えているし。

 ここ数日は葉っぱを重点的に見ていたので、根元は見ていませんでした。。
 それほど大きくないけど、いったいいつの間に生えたのよさ?
 
 ネットで検索してみると、わりとあることのようで。
 ホームセンターで買う園芸用の土に、キノコの胞子が混ざっていることがあるそうで、環境が適応すると、こうやって生えてくるんだそうです。
 ほかの鉢には生えていませんでした。
 マチルダの鉢だけ。
 
 今は梅雨だし、よくあることなのかも。
 でも、バラの根元にキノコなんて、間の抜けた風景を作り上げたのは私だけだわ、きっと。。
 と落ち込みたくなりました。
 
 
 

 気を取り直して、マチルダさん♪
 ちょっと春のと比べると小さめかな?と思いますが、形はとても整っているような気がします。
 
 
新米ロザリアン&ガーデニングの日々 | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0)


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
TOP